高梁川志塾

  • HOME »
  • 高梁川志塾

持続可能な地域に向けて
「SDGs探求コース」を開講します

高梁川志塾とは?

高梁川の自然や歴史、文化、産業を「フィールドワーク」の教材に、多様な世代が所属や立場を超えて互いに学び、研鑽しあい、高梁川流域での地域づくりや、「持続可能」な地域を担う次世代の人材として成長し、行動につなげることを目指す塾です。


<高梁川志塾 校長メッセージ>

講師一覧


神崎 宣武 氏(民俗学者、高梁川流域学校校長)
澁澤 寿ー 氏(認定NPO法人共存の森ネットワーク 理事長、高梁川流域学校 顧問)
大原 あかね 氏(公益財団法人有隣会 理事長(大原美術館理事長))
佐々木 博 氏((株)創庵 代表取締役、元NHK教育テレビにてパソコン講師を務める)
矢吹 博和 氏(アイデア創発&合意形成ファシリテーター)

その他、地域おこし協力隊OBで起業して活躍中の皆さんや、高梁川流域学校の役員メンバーなど事業の実践者、あるいはスキル・ノウハウの専門家など、多数の講師を予定しています。
詳細は、こちらでご覧ください。

SDGs探求コースについて

探究学習とは、受講生自らが課題・テーマを設定し、解決のために情報を収集・整理・分析したり、周囲の人と意見交換・協働したりしながら進めていく学習活動のことです。このコースでは、座学に加えて、実習やプレゼンテーション作成などのアウトプットを前提として、プログラムに参加します。
(探求コース以外に、座学だけに参加する「聴講生コース」もあります。)

プログラム(SDGs探求コース)

    • placeholder image
      開校式(必修)

      2020年11月3日(火・祝)午前

    • placeholder image
      座学(選択)

      2020年11月3日(火・祝)~ 2020年12月20日(日)
      高梁川流域の第一線で活躍する豪華講師陣による講座をご用意しています。
      ※期間中、2時間(前半講義・後半ワーク)×最大40コマ程度(平日夜もしくは土日での開催)
      ※1コマは、2時間10分を基本的な組み立てとしています。内訳は、1時間のレクチャー、10分の休憩、1時間の質疑応答(もしくはワークショップ)の予定です。
      ※講師や会場の都合により、2021年1~2月の実施となる講座がある場合があります。


      SDGsビジョン編
      高梁川流域の2030年のビジョンと、そこに向けた課題解決のための現状の取り組みを、実践者や専門家のレクチャーでそれぞれが深く理解し、アクションヘの気づきを得ることができる講座。
      例)「まちづくりと観光のSDGs~倉敷美観地区が、すでに達成しているゴールとは?~」(NPO法人倉敷町家トラスト 代表理事 中村泰典氏)。「SDGsと企業の社会的責任~クラモクが参画する岡山大学グローバル教育プログラム~」((株)倉敷木材 代表取締役会長 大久保健作氏) ほか。
      教養編
      高梁川流域における、歴史・文化・産業などに関する教養や、活動の前提となる知識を得るための講座。
      例)『備中志塾』シリーズ。「吉備と大和~古代の地方と中央の関わり」、「稼ぎと暮らし~備中における半農半X」など。(高梁川流域学校 校長 神崎宣武氏)。『大原總一郎が夢見た高梁川流域の未来(仮)』(有隣会 理事長 大原あかね氏)ほか。
      スキル編
      プレゼンテーション、ロジックモデル・ビジネスモデル、非営利団体の会計、データ分析(RESAS活用)、ITツールの利活用、オンライン会議の開催方法、ブログやSNSの活用など、団体運営やプロジェクト企画、探求学習のためのスキル・ノウハウを習得する講座。
      例)「合意形成のファシリテーションとアイデア発想の手法」(株式会社HackCamp 副代表 矢吹博和氏)ほか
    • placeholder image
      実習(必修)

      2020年11月9日(月)~ 2021年1月24日(日)
      運営側で指定する団体の活動に参加する、又は自身のプランに即した実習/実践を行い、期間中20時間程度の現地実習を行います。

    • placeholder image
      メンタリング(必修)

      2020年11月9日(月)~ 2021年1月24日(日)
      実習の前、中、後で、メンターとの面談を行い、ご自身のプランのブラッシュアップや、最終発表に向けた相談などを行います。

    • placeholder image
      レポート・プレゼンテーション(必修)

      2021年1月4日(月)~ 2021年1月31日(日)
      自らのテーマ・関心に合わせて、レポートもしくはプレゼンテーション資料の作成を行います。

    • placeholder image
      修了式(必修)

      2021年2月14日(日)終日
      それぞれの活動及びレポートもしくはプランについての発表を行います。

参加費

参加費

① SDGs探求コース受講生
10,000円(全プログラムヘの当日参加、アーカイブ視聴が可能)
※会場受講・オンライン受講に関わらず一律料金

② 聴講生(座学のみ参加)
会場受講:1,500円/回(人数制限あり) オンライン・アーカイブ受講:500円/回
※後日参加者のみ閲覧できるページをご案内予定です。
※講座によっては、別途、実費を徴収する場合があります。
※講座によっては、無料公開の場合があります。

定員

20名(SDGs探求コース)
※聴講生は、こちらからお申し込みをいただけます。

決済方法(事前)

① クレジットカード(SDGs探求コース受講生)
決済ページへ
※お申込みをいただいた方に決済用のページをご案内いたします。

② 銀行振込(SDGs探求コース受講生のみ)
中国銀行 倉敷駅前支店 普通 2546091
一般社団法人高梁川流域学校 代表理事 坂ノ上博史
(シャ)タカハシガワリュウイキガッコウ ダイヒョウリジ サカノウエヒロシ

受講形態
各講座の開催会場で直接受講、もしくはオンライン(ZOOM等)での受講を選択
※本科生は、専用の「Googleクラスルーム」へご招待となる予定ですので、事前にGoogleアカウントの作成をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、オンラインのみ開催となる場合もございます。

修了認定について(取得すべきコマ数など)

SDGs探求コースの修了認定基準は、以下の通りとします。

  1. 必修科目のうち、12コマ以上を履修する。
    ※必修科目には、必修の座学のほか、「開校式・ガイダンス」「実習(インターンシップ)」「メンタリング」「レポート・プランニング」「報告会(修了式)」の時間を含めます。
  2. 選択科目のうち、6コマ以上を履修する。
  3. 必修・選択科目を合わせて、28コマ以上を履修する。
  4. レポートもしくはプレゼンテーションを成果物として、提出する。

1~4のすべてを満たしたものを修了認定します。

受講モデル

次の3つの受講モデルをご参考として、お示しします。

ご自身がどの科目を履修すればよいか、お悩みの方は、事務局までご相談ください。

ケース1「実習(インターンシップ)を中心とした受講」

NPOや地域活動などで、すでにご自身が実践される時間・場所が想定されている方、あるいは、この機会にインターンシップとして他の団体等の活動に参加してみたい方の受講モデルです。

◆オススメの座学

ロジックモデル、ビジネスモデル、合意形成ファシリテーションとアイデア発想ワークショップなど。

科目種別 履修コマ数 日程・時期
必修 選択
開講式・ガイダンス 2 11月3日
座学 1 6 各講座の日程
実習(インターンシップ) 10 11月~1月
メンタリング 2 適宜
レポート・プレゼン 4 11月~1月
個別アドバイス 1
報告会(修了式) 2 2月14日
履修コマ数 22 6
合計履修コマ数 28
ケース2「座学を中心とした受講」

幅広く、多くの講座を座学で受講されたい方の受講モデルです。

◆オススメの座学

SDGsビジョン編、教養編、スキル編の中から、ご自身の関心にあった講座の履修をオススメします。

科目種別 履修コマ数 日程・時期
必修 選択
開講式・ガイダンス 2 11月3日
座学 5 11 各講座の日程
実習(インターンシップ) 3 11月~1月
メンタリング 2 適宜
レポート・プレゼン 2 11月~1月
個別アドバイス 1
報告会(修了式) 2 2月14日
履修コマ数 17 11
合計履修コマ数 28
ケース3「レポート(もしくはプレゼンテーション)作成を中心とした受講」
◆オススメの座学

ビジネスモデル、とことんRESASワークショップ、新規事業立案の基礎、見せる資料のつくりかた、など。

科目種別 履修コマ数 日程・時期
必修 選択
開講式・ガイダンス 2 11月3日
座学 3 6 各講座の日程
実習(インターンシップ) 5 11月~1月
メンタリング 2 適宜
レポート・プレゼン 6 11月~1月
個別アドバイス 2
報告会(修了式) 2 2月14日
履修コマ数 22 6
合計履修コマ数 28

会場

倉敷市内ほか、高梁川流域全域
※講座ごとに異なる場合があります。

お申込み・連絡先

SDGs探求コースをご希望の方は下記よりお申込みください。第一次締切:10月20日(火)以降定員に達するまで随時募集
メール
seminar@takahashigawa.or.jp
●ご所属 ●氏名(ふりがな)※複数の場合は全員分
●電話番号 ●決済方法(クレジットカード/銀行振込) ●受講方法(会場/オンライン)
●選択テーマ (文化・芸術/働き方/離島・中山間/観光・まちづくり/子育て/商品開発/その他(自分で設定))
●ご参加への想い
をご記載の上、当運営へメールをご送信くださいませ。
Google申し込みフォーム
https://forms.gle/4QzgEBrwm9XqcieX6

※聴講生をご希望の方は、事業HP等にて各講座のお知らせをいたしますので、そちらからお申込みください。

お問い合わせ

主催
倉敷市(本事業は倉敷市の「自治体SDGsモデル事業」の一環として開催いたします)
運営
一般社団法人高梁川流域学校
住所
岡山県倉敷市中央2丁目13−3 住吉の家 分福
一般社団法人 高梁川流域学校 事務局(担当:山本)
電話番号
086-527-6248(分福代表)
FAX
086-691-2289
メールアドレス
seminar@takahashigawa.or.jp

<講座の日程、内容および講師は、都合により、予告なく変更となる場合があります。>

PAGETOP
Copyright © 高梁川流域学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.